ホーム

Admin

NewEntry

Archives

RSS

PageTop

PageBottom

プロフィール

えいぷりる

Author:えいぷりる
はじめまして、えいぷりるです。

ねんれい:40代前半
きこん
こあり

あたりまえだけど、若いころとはいろいろ変わってきました。

考え方の変化とか、
体のこと、
これからのこと。

「素敵に年をとること」を目標に、日々の努力を女の子同士の気楽なおしゃべりのつもりで書いていきたいと思ってます。 

カウンター

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

2013/06/13(Thu) 20:26
ちゃんと日焼け止め塗って(アネッサ!)完全防備したはずなのに、夕方になるとほっぺがヒリヒリしました。
焼けたのかなあ。
汗がかゆい気がしてタオルで拭いていたから、日焼け止め取れたのかも。
なんにせよ、日焼けはやけど。
ちゃんとケアしなくては。
いろいろ方法はあると思いますけど、今回は冷蔵庫で冷やしておいたプレーンヨーグルトを使ってパックしました。
そのままお肌に塗るだけ。
しばらくしたら水で洗い流す。
これだけでほてりも収まってしっとりします!
よかったら一度試してみてください!
お手軽の割に効果は大きいと思うんだ。
スポンサーサイト

PageTop↑

2012/02/01(Wed) 16:11
友達と前に言ってたんだけど、冬になるとやっぱり空気乾燥しますよねー。
外もだけど、家の中も暖房で。
洗濯ものを家の中で干したりとか、加湿の工夫はしているのものの、それくらいじゃ、


潤いをキープできない年齢!

(*・´∩`・)



そんなわけで、先月くらいから、朝のスキンケアの最後の仕上げに、オイルを顔に塗るようにしてます。
これで潤いにふたをしてからお化粧をする!

そしたら調子いいです。

「乾いてきたわ―」ってあの感じがない!

わたしはオリーブオイル使ってるけど、オイルによって効能が違ったりするんでよかったら好きなのを選んでみてください。
無印のホホバオイルも手に入りやすいしべたつかないです。

メイク落としにもオイルで代用したりします。

まあ、基本お湯や石けんで落ちるメイクを心がけてますが。


寒くなるとお風呂も楽しいですよね!
お風呂大好き!アイラブお風呂!

ではでは。

PageTop↑

2012/01/10(Tue) 13:37
アイメイクがなかなか手早くなりました!
えへへ(= '艸')


アイラインを引くようになってやっぱり目ヂカラ出てきたw
あと、わたしのまつ毛は長くて量もあるんだけど、草食獣のようにばさっと下を向いているんですよー。
それをなんとかホットビューラーで仕上げることで解決。
つけまつげしたら楽なんだろうけど、目ヂカラ付き過ぎになりそうでためらうw

でもあれもこれもしたくなる気持ちもわかる~。
年齢的にごてごてしないようには気をつけてるけど。

あと、チークより、ハイライトを欠かさないようにしでます。
パールの入った粉をポンポン、と。
それでだいぶ肌がつるんとして見える。

メイク楽しいですね♪

PageTop↑

2011/12/29(Thu) 11:14
うひ。
お待たせしました。(待ってない?w)
メイクについてのあれこれ、勝手なことを言いますぅ。

わたしの場合、「流行のメーク」を知りたいんじゃなく、「今の年代に合うメーク」が知りたいってこと。
その上で、古臭くないっていうか、適度に「今のテイスト」を取り入れたいなって思います。
流行は追っかけないけど、進化はしたい、という複雑な女ごころ(*´ェ`*)

で、比べてみました。
まず「流行のメーク」ってのですぐ頭に浮かぶ、アイコン的な存在。
AGEHA。
つけまにカラコン、アイラインくっきり。眉と唇は存在を抑えて、肌は徹底的にアラを隠して陶器っぽく。
そんな感じでしょうか。
かわいいし、結構好きだけど、残念ながらこの年齢では真似できないw

年をとるとむしろ薄化粧にするべき、というのがわたしの持論なのですよ。
そのほうが隠すべきしわやたるみが目立たなくなるから。
なので逆につるつるぺかぺかの若い年代に、こういうメイクが流行るのはわかる。
ただ、このメイクをいつまで引っ張るか、転換期は考えたほうがいいとは思う←余計なお世話。

小悪魔 ageha (アゲハ) 2012年 01月号 [雑誌]小悪魔 ageha (アゲハ) 2012年 01月号 [雑誌]
(2011/12/01)
不明

商品詳細を見る



で、次は、AGEHAより年代が高め、テイストも大人な感じの美的。
控えめながらアイラインもばっちり。マスカラもばっちり。知的な感じのブラウン系のシャドウ。眉と唇はナチュラルな感じを強調、(って矛盾した言い方ですがw)肌の質感もマットすぎることはない、とにかく質感はナチュラルさ重視。
それぞれの雑誌の中は見てないんで、適当なこと言ってますけど、ぱっと見た印象はそんな感じ。
美的の方のモデルさんは、質のいいブランド物のバッグなんか似合いそうですね。仕事もできる女ってイメージ?
とっても素敵で、女性から見ても魅力的。でもわたしたちくらいの年代(30代後半~)はこのメイクを真似しようとして「あれ? なんか違う?」となることって多いと思うんです。

BITEKI (美的) 2012年 01月号 [雑誌]BITEKI (美的) 2012年 01月号 [雑誌]
(2011/11/22)
不明

商品詳細を見る


そこでバーン、とこのあいだ買ったこれと比べる。
で、感じる違和感……あれ?
今井美樹さん、綺麗だけど、全然年齢を感じさせないけど、それでもやはり上の二つと比べると全体に地味……? って感じの表紙ですね。


GLOW BEAUTY~40代からのメイクの基本 (e-MOOK)GLOW BEAUTY~40代からのメイクの基本 (e-MOOK)
(2011/12/16)
不明

商品詳細を見る


だがこれがいい!

(突然大声で)


やはり30代後半から「メイクで目立つ」ことはなるべく避けた方がいいと思うんです。
もちろん人それぞれですが。
その代わり、「なんか違う」ってとこを目指すべきではと。
どんなにアンチエイジングに励んでも、しわやたるみは避けられないじゃないですか。
だったら「しあわせな表情ででるしわ」を心がけようって思います。
たるみだって、出来るだけ作りたくないけど、若いころとフェイスラインが違ってくるのはは仕方ない。
だったら「笑顔」でリフトアップ効果を狙おう、とか考え方変えるのを迫られる年代だなあとしみじみ思います。

で、今井美樹さんの写真をみて気付くこと……そう、テカリ!
テカリというと言葉は悪いけど、ようするにこの年代だけ、肌につやを持たせてますね。もちろんメイクで。
それこそがメイクで補うべき部分なんだなあと実感しました。
ただこれもパールを乗せすぎると台無しだし、むずかしいところです。
あと、眉も、それまでの年代に比べるとしっかりはっきりさせてます。
アイラインもAGEHA世代みたいにくっきりさせてはないけど、必ず入れてる。
それによってたるんで崩れがちなフェイスラインをしゃきっとさせてるんだと思います。
唇も色味なかったら「体調悪いの?」ってマジで心配されるから(笑)血色のよさを心がけて。

そんなかんじでしょうか。

こうして比べたらなんだか一冊だけ見るより明確に目指すところがわかってきたんでおもしろいです。
長くなってしまいましたが、勝手なタワゴトでした!
そして、よかったら、おススメ化粧品とか……教えてほしいな(ボソ

PageTop↑

2011/08/06(Sat) 23:47
プラセンタとヒアルロン酸をもらったので、美容液として使ってます。

やっぱり使うと保湿される。

毎日ではなくて週に二三回くらい。

うん、使うの忘れちゃうのだw

PageTop↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。